2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.26 (Fri)

バタフライ・エフェクト2

この前、yahooで「おススメ映画」と検索してみました。誰かのブログにひっかかり、レビューとか読んでると面白そうやったんで主人に数本借りてきてもらいました。

1本目のおススメ「ノーカントリー」http://www.nocountry.jp/2泊3日やったんかな??私は見れなくて主人のみ見て返しました。これは初夏ごろかな?目覚ましテレビで紹介してたんで知ってました。コーエン兄弟の監督・脚本作品。この頃から話題の監督やったんやって。主人はサスペンス好きで「面白かったけど、終わりがスッキリしないと言うてました。R?15なんは大量殺人?があったからなのかな??決して、エッチだからではなっかったようです。

そして、今日みたのが「バタフライ・エフェクト2」http://www.butterflyeffect2.jp/。前に「バタフライ・エフェクト」http://www.butterflyeffect.jp/見た事がありました。続きかな??ちょっとバタフライ効果について調べてみました。

*バタフライ効果*
ブラジルでの蝶の羽ばたきというごく小さい要素であっても、テキサスの気候変動に大きく影響を与える可能性があるという事を表しているのである。端的に言えば、小さな要素の組み合わせでも未来に大きな影響を与える以上、正確な未来予想は不可能という事である。

 




*内容*
設立されたばかりの企業で、ビッグプロジェクトを担うニック・ラーセン。恋人ジュリーの誕生日を祝うため、親友カップルと郊外でピクニックを楽しんでいた途中、会社から「すぐに出社しろ」と電話が入る。仕事を優先したニックは、渋る仲間を車に乗せ街に引き返すが、途中で交通事故を起こしてしまう。1年後。たった1人生き残ったニックは、仕事しかない孤独な人生を送っていたが、激しい頭痛に襲われた直後、事故を起こした日に引き戻され…?!

本国アメリカはもちろん、日本でも口コミで評判が広まり、大ヒットした『バタフライ・エフェクト』の続編。過去へ戻るたびに予想もつかない現実が現われるユニークな作風はそのままに、独立したオリジナル・ストーリーになっているので、前作が未見でも十分に楽しめる。アシュトン・カッチャーから主演を受け継いだのは、TVシリーズ「Lの世界」で人気を博すエリック・ライヴリー。日本ではほぼ無名の俳優だが、過去に戻る特殊能力を持ちながら煩悩に振り回され失敗を繰り返す、人間くさい主人公を好演している。SFテイストのサスペンスだが、根底にあるのは人間の欲深さと切ないラブストーリー。ラストには、思いもよらない感動が待ち受ける!
(goo映画より)


前の作品でも思ったけど、やっぱり過去を変えることは許されないことなんやなぁ。自分が生活してて「この時、こうしてたらよかった」って思うときあるけど、これはそのまま受け入れないといけないんだよなぁjumee☆faceA129。ほんの小さな1つを変えることで、未来が大きく変わってしまう。ほんまそうなんやろうなぁ号泣
何度も昔に戻って、軌道修正するんだけど、やっぱりその度に現在が大きく変わってしまう。
愛する人を救う為に変えたつもりが、また違う人を傷つけてたり・・・・汗。最後に「お父さんと同じね」と、母の衝撃的な言葉jumee☆faceA157。ニックのお父さんもまたこの「バタフライ・エフェクト」の持ち主でした。この効果は遺伝。そして、最後に自分の身と引き換えに得た息子の命。この息子も父の遺伝あり・・・と言う終わり方でした。

しっかり食いついて、この眠い時間帯でもしっかり見ることが出来ましたグッ。ほんまおススメです

スポンサーサイト
00:50  |  テレビ・映画・DVD  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://961020.blog66.fc2.com/tb.php/1595-5e6ab00a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。